中目黒音楽センター『夏の発表会~ ピアノ・ヴァイオリン・フルート・ヴォーカル ~』

開催されたイベント | 投稿日 2022年 9月 11日

2022年9月11日(日)に、中目黒センター『夏の発表会』が開催されました!
  
  

  
なんと今年もまだコロナが収まらず、むしろすごいことなってしまい、開催もちょっと心配されましたが、
みなさま方のご協力もあって、何とか無事に「夏の発表会」を実施することが出来ました!
今年も昨年に引き続き「目黒区中小企業センターホール」で、行うことができて、本当に良かったです♪
しかもお天気にも恵まれ、昨年よりもたくさんの方にご来場いただき、
おかげさまで発表会は大変盛り上がりました♪
もちろん今回も感染防止対策もバッチリ、来場された方も全員マスク着用、手指の消毒にもご協力頂き、
マナーの良さ、そしてコロナ慣れを感じた会でした。
上の写真は、会場となった中小企業センターホールです。
  
会場は、中目黒センターからは歩くと少し離れていますが、
地元の会場でもあり、このコロナ禍でも128人もの生徒さんが参加してくれました!!
そしてなにより驚いたのが、当日の欠席者がゼロだったことです!
大抵少なくても1名位は何かしらの理由で欠席してしまうのですが、見事に全員出場!!
ありそうで、実はなかなかないことなのです。
出場した生徒のみなさんは、日頃の成果を発揮できるようきっとたくさん練習したことでしょう。
皆さま、本当にお疲れ様でした♪
  
では、当日の様子を簡単にご報告します!
  

♪ヤマハ音楽教室 中目黒・鶴見西口センター体験レッスンはこちら♪
 
  
 

第 一 部

第一部は、初めてステージに立つ、小さな初出場の生徒さんのピアノからスタート!
女の子は可愛らしいドレス、男の子は蝶ネクタイでビシッとキメて、初舞台に臨みました♪
間にヴァイオリンの生徒さんの演奏も入り、聞き応えのある、華やかな部でした♪
ヴァイオリンの生徒さんは男の子がとても多いのですが、
全体的に男性(男の子)の多い発表会だなと思いました。素晴らしい事ですね♪
 
  
 

講師演奏

倉田先生(Vo)・有賀先生(Pf)

フランク作曲 「ヴァイオリンソナタ イ長調より 第4楽章」
世に数多あるヴァイオリンソナタの中でも、最も多くの人々から愛されているのがこの曲です。
フランクの友人である、名ヴァイオリニスト、イザイの結婚のお祝いに贈られた曲だそうです。
日々の苦しみや悲しみをも超越してしまう程の幸福感に満ちた美しいメロディー。
ドラマチックなピアノとヴァイオリンの掛け合いが素晴らしく、とても聴き応えがありました♪
  

有賀先生(Pf)・正木先生(Pf)

レ・フレール作曲 「On y va!」
華やかに1部のラストを飾ったのは、ピアノ連弾。
途中で手拍子を入れながら、軽快なリズムに乗って楽しそうに演奏してくれました。
楽しさが会場にも伝わり、客席の皆さんからも手拍子が♪
  
  
 

第 二 部

第二部は、講師演奏からスタート。
その後ピアノ科の生徒さんの演奏に移り、部の最後はヴォーカルクラスの大人の方々で締めくくりました♪
第二部もやはり男の子が多く、後半は本来コンクールに出場すべきレベルの方々の演奏が続きました。
  
  
 

講師演奏

鵜城先生(Vo)・佐藤先生(Pf)

プッチーニ作曲 「E luccellino」そして小鳥は 「Terra e mare」大地と海
イタリアの有名な作曲家プッチーニは、「トスカ」「蝶々夫人」「ラ・ボエーム」
等オペラを数多く作曲しました。オペラの他にも歌曲や楽器曲等の作品がありますが、
この日はプッチーニの歌曲を2曲披露してくれました。
  

鈴木先生(Pf)・茂木先生(Pf)

久石 譲作曲 「ジブリメドレー 海の見える街~さんぽ」
まず魔女の血を引く少女キキと黒猫ジジが、色々な経験をして成長していくストーリー、
『魔女の宅急便』より「海の見える街」を。
そして、サツキとメイ姉妹が田舎に引越して不思議な生き物トトロや
まっくろくろすけとの出会いや、家族愛が描かれているストーリーのエンディング曲、
「となりのトトロ」より「さんぽ」を演奏してくれました♪
  
  
 

第 三 部

第三部もピアノからスタートし、フルートの演奏も入りました♪
スタート時間が遅かった最後の部は、小さな生徒さんの為に部の途中で講師演奏を入れました。
遅い時間いもかかわらず、皆さん本当にしっかり演奏して素晴らしかったです!
モチベーションを保つ難しさも学べたのではないでしょうか。
そして、最後の最後、発表会の大トリは素晴らしい講師演奏でした♪
  
  
 

講師演奏

遠藤先生(Pf)・串田先生(Pf)

ブラームス作曲 「ハンガリー舞曲 第2番 第5番」
「ハンガリー」という名前の付くこの曲集ですが、実はブラームスが、ヴァイオリニストのレメーニに
教えてもらったジプシーの音楽を、ハンガリーの音楽と思い込んで書いたそうです。
曲集のうち、いくつかは、オーケストラ用に編曲がされています。
有名な第5番は、皆さんもどこかで聴いた事があったのではないでしょうか。
重々しい始まりと、軽快なステップの中間部、色合いの違いを楽しめた素晴らしいい演奏でした♪
 

藤井先生(Fl)・串田先生(Pf)

フランク作曲 「ソナタ イ長調より 第4楽章」
第一部の講師演奏でヴァイオリンで演奏された曲を、最後はフルート編曲版でお届けしました。
曲は半音階的和声進行と循環形式という技法をもって、書かれているそうです。
循環形式とは、前半の主題が後半全体、もしくは一部分となって現れる技法の事です。
ピアノとフルートが会話する様な、カノンとなって主題を演奏し、
きらびやかなフィナーレを奏でてくれました♪
  


♪ヤマハ音楽教室 中目黒・鶴見西口センター体験レッスンはこちら♪
 
  
今年も、昨年に引き続き「目黒区中小企業センターホール」での開催でした。
残念ながら、今年もコロナの影響で集合写真は撮影できませんでしたが、来年こそは!!
とにかく、おかげさまで無事に終了となりました。
みなさん、コロナ禍の中、長時間に渡り本当にお疲れ様でした!
そして、多大なるご協力をありがとうございました!!
 
また、来年も『夏の発表会』でお逢いしましょう♪