中目黒音楽センター『夏の発表会~ ピアノ・ヴァイオリン・フルート・ヴォーカル ~』

開催されたイベント | 投稿日 2018年 9月 23日

2018年9月23日(日)に、中目黒センター『夏の発表会』が開催されました!
  

今回で3回目となる、「目黒区中小企業センターホール」での中目黒センター「夏の発表会」が開催されました♪
お天気にも恵まれ、たくさんの方にご来場いただき大変盛り上がりました♪
上の写真は、会場となった目黒区中小企業センターホールです。
  
地元での開催とあって、大勢の方にご参加いただきました♪
出場した生徒のみなさんは、この大きな会場で日頃の成果を発揮できるように、
きっとたくさん練習したことでしょう。
みなさん、とっても素晴らしい演奏でした♪
 
では、当日の様子を簡単にご報告します!
  
 

第一部

第一部は、小さな初出場の生徒さんからスタートです♪
この部はピアノ科だけの演奏でしたが、クラシックからJポップ、ドラマの主題歌まで、
バラエティに富んだ選曲で、飽きることなく楽しめました♪
  
 

講師演奏 & 集合写真

串田先生・遠藤先生

ドビュッシー作曲 「小組曲より 4.バレエ」
「印象派の作曲家ドビュッシーが、若い頃に作曲した作品です。
この「バレエ」という曲は、ワクワクする軽快なリズムに乗って始まり、
中間部では優雅なワルツが流れるとはじめのメロディに戻り、最後は華やかに盛り上がります。
第一部の締めくくりに相応しく、素敵なドレス姿の先生方が聴かせてくれました♪
    
  

第一部で演奏してくださった生徒さんと先生方で、ハイポーズ!

  
 

第二部

第二部は、ピアノ科の小さなお友達の演奏から始まり、
間に、ヴァイオリオンが入ることによりメリハリがありました。
小さなお友達から大人の方まで、皆さんが一生懸命弾く姿が印象的でした。
特に、ヴァイオリンの生徒さん達の演奏ぶりには改めて驚かされました!!
ヤマハというと、エレクトーンやピアノのイメージが強いですが、
中目黒センターのヴァイオリンはなんてレベルの高いのでしょう!本当に素晴らしかったです♪♪
 
 

講師演奏 & 集合写真

倉田先生・佐藤先生

ブラームス作曲 「F.A.E.ソナタより スケルツォ」
「F.A.Eとはドイツ語で「自由だが孤独に」という意味の頭文字で、
シューマン、ブラームス、ディートリヒがそれぞれ楽章を作曲したとてもユニークな作品です。
今回演奏して頂いたブラームスの「スケルツォ」は、演奏される機会も多く有名な曲です。
ブラームスらしい情熱的で甘美な旋律で、会場の皆さんの心をグッとつかみました♪
  
  

第二部も、生徒のみなさんと先生方でハイポーズ!

  
 

第 三 部

第三部も、ピアノの生徒さんからスタート♪
途中でヴォーカルとフルートの演奏があり、曲もバラエティに富んでいたので、
あっという間に時間が経つように感じられました。
そして、午前11時から始まった発表会も、7時過ぎには無事終わったのでした♪
みなさん、お疲れさまでした!年々出場し続けている方々の上達ぶりが・・・ホント頼もしいです♪

 

講師演奏 & 集合写真

鵜城先生・遠藤先生

トスティ作曲 「Aprile 四月」
イタリアの作曲家トスティは、多くの歌曲を作曲しました。
その中でも、この「Aprile」はトスティらしい軽快で甘美な抒情に満ちた美しい旋律の曲です。
さわやかな四月の春の訪れを感じさせるアルペジオに乗って、
「四月だ!愛の季節だ!さぁおいで、私の優しいひとよ!」と歌って頂きました♪
  
  

藤井先生

ショッカー作曲 『無伴奏フルートのための「フルートの森」よりⅡ.高山にあそんで』
私達と同じ時代を生きている、作曲家のゲイリー・ショッカー。
この曲は、深い森の中から様々な鳥のさえずりが聴こえてくるような幻想的な一曲です。 
伴奏の無いフルート1本での表現を、存分に楽しませていただきました♪
 
 

第三部でも、先生方を囲んでみんなでパチリッ!

  
  
去年に続き、目黒区中小企業センターホールでの3回目の開催で会場にも慣れ、
中目黒センターの「夏の発表会」は、おかげさまで無事終了となりました。
みなさん、長時間にわたって本当にお疲れ様でした!
 
来年も、また『夏の発表会』でお逢いしましょう♪